So-net無料ブログ作成
前の3件 | -

「さよならの代わりに」 貫井 徳郎 [本を読んだのだ。]

3年前に買った未読本が出てきたので読んでみた。
あの頃は、文庫本だけでも月に10冊以上買ってた・・・

さよならの代わりに (幻冬舎文庫)

さよならの代わりに (幻冬舎文庫)

  • 作者: 貫井 徳郎
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2007/08
  • メディア: 文庫


   「私、未来から来たの」。
   劇団「うさぎの眼」に所属する駆け出しの役者・和希の前に
   一人の美少女が現れた。
   彼女は劇団内で起きた殺人事件の容疑者を救うため、
   27年の時を超えて来たというのだ!

   彼女と容疑者との関係は?
   和希に近づく目的は?
   何より未来から来たという言葉の真意は?

   錯綜するなぞを軽妙なタッチで描く青春ミステリ。

   過去を変えるため彼女は時を駆ける!


んーーーと、
タイムスリップとか、ミステリとか言ってるけど、
えー?なんか中途半端?って感じな内容。

続きを読む


nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:

「海街diary 3 / 陽のあたる坂道」 吉田 秋生 [マンガを読んだのだ。]

海街diaryも、もう3巻。

海街diary / 3 / 陽のあたる坂道 (flowers コミックス)

海街diary / 3 / 陽のあたる坂道 (flowers コミックス)

  • 作者: 吉田 秋生
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2010/02/10
  • メディア: コミック


   悩んでも、迷っても、落ち込んでも、出会っても、
   別れても、嬉しくても、悲しくても…、
   それでも――人は、恋をする。

   2007年文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞受賞!
   古都・鎌倉を舞台に瑞々しい感性で描く!
   未来の古典を約束された超人気シリーズ
   すずと幸、それぞれの恋にひとつの決着が…。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

「絵画鑑定家」 マルティン・ズーター 訳:シドラ房子 [本を読んだのだ。]

スイスの心理スリラーの名手、渾身の最新作!だそうです。
映画化決定とのこと。
どこが作るんだろ?
これを映画化するなら、ハリウッドは合わない。
ずっどーんって重厚で、でも軽い笑いがある感じで作ってほしいな~。


絵画鑑定家 (ランダムハウス講談社文庫)

絵画鑑定家 (ランダムハウス講談社文庫)

  • 作者: マルティン ズーター
  • 出版社/メーカー: ランダムハウス講談社
  • 発売日: 2010/01/08
  • メディア: 文庫


   名門ヴァインフェルト家の末裔アドリアンは
   絵画の鑑定家として働く一方、
   芸術家に資金を援助するパトロン役も果たす温和な人物だった。

   だが、奔放な女性ロレーナと出会って
   平穏な暮らしにさざ波が立ち始めたのと同じ頃、
   金に窮した老コレクターから
   ヴァロットン作の名画をオークションにかけたいという申し出があった。

   アドリアンは引き受けたが、
   その依頼には彼を窮地に追い込む罠が仕掛けられていた!

   美術界の内幕を題材にした心理スリラーの傑作。



50歳代の資産家、独身、アドリアンが主人公です。
名門の家に生まれ、不動産などの収入が十分ある彼の仕事は、
スイス美術品の鑑定家。

親の友人である年長の友人たちと付き合い、日々を過ごし、
芸術家の若い友人たちへ助言と融資をしながら、
規則正しい日々を送っていたある日、
昔の、愛した女性の面影を持つ女性ロレーナに出会い、
心を奪われます。

続きを読む


nice!(1)  コメント(9)  トラックバック(1) 
共通テーマ:
前の3件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。